栃木県 インプラント 栃木市 宇都宮市 小山市 下都賀郡 早乙女歯科 歯科 歯医者 佐野市 鹿沼市 インプラント 衛生士 求人 募集

栃木県 インプラント 栃木市 宇都宮市 小山市 下都賀郡 早乙女歯科 歯科 歯医者 佐野市 鹿沼市 インプラント 衛生士 求人 募集

栃木県栃木市都賀町家中2408 TEL:0282−27−3737
インプラント・審美・歯科衛生士の求人 募集・予防・入れ歯・小児

ブログ治療の流れ院内ツアー予防歯科小児歯科インプラントインプラント症例審美審美症例歯周病歯周病症例矯正自費料金
院長紹介スタッフ紹介当院の理念イベント臨床研修施設アクセス患者様の安全のためサイトマップメール相談
歯科衛生士・歯科技工士 求人歯科医師 求人

院長 早乙女 雅彦

栃木県・宇都宮市の早乙女歯科医院の歯周病治療 栃木県・宇都宮市の早乙女歯科医院の歯周病治療の症例

1、一般的な歯周治療(歯周治療だけのケース)

40代女性の患者様です。歯茎が腫れているとのことで来院されました。
歯は全部そろっています。歯の縁の部分の歯肉が腫れています。







患者様の協力が非常によく、来院したときはブラッシングが悪かったのですが、ブラッシングの重要性をお話しするととても丁寧にブラッシングをしていただけましたので、スケーリングとルートプレーニング(歯根面の歯石の除去)のみで歯周病のコントロールができた患者様です。歯肉の状態がとても良くなっています。右上の側切歯(中から2番目の歯)の冠が不適合なのでこの部分のみ冠(メタルボンド)を入れ代えました。







2、歯周治療と矯正治療を併用したケース

60代の女性の患者様です。歯の動揺と前歯の隙間を何とかして欲しいとのことで来院されました。自分の歯はほとんど残っていたのですが、どの歯も重度の歯周病に罹患しており、歯茎の縁には多量の歯石が付いており、強い歯肉の炎症が見られます。又、歯周病により、奥歯が前に傾き、前歯は歯周病でゆるんだ歯ぐき・骨のために、咬み合わせの力と舌の力によって上・下とも前方に突出、歯と歯の間に隙間ができてしまっています。



まず、徹底した初期治療(ブラッシング、スケーリング、ルートプレーニング)を行い、その後に、部分的に歯周外科手術も行いました。





歯周病は徹底した治療によりほとんど改善しました。歯肉の状態は初診時と比べとても健康な状態になっています。しかし前歯の前突と歯と歯の間の隙間は改善されません。



そこでこれを改善するために矯正治療を行いました。

歯周病が進行すると、歯を支えている組織、特に歯槽骨や歯根膜という組織が炎症のため緩みますので、咬む力や、舌の力で歯が移動してしまうことがよくあります。特に前歯はその影響を強く受け、前突したり、歯と歯の間に隙間ができてしまったりということがよく起こります。

このような患者様には、歯周病の治療が終了した後、部分的な矯正治療を行い、歯並びを元のように戻すことが可能です。矯正治療は大変有効な治療となります。この患者様のように60代になった方でも矯正治療をすることができますので、年齢が高いので無理なのでは?とあきらめないで下さい。



矯正治療を終了し、左右の下の奥歯にブリッジを、右上の6番目の歯にクラウンを入れて治療を終了しました。

上下の歯は矯正治療後歯が元に戻らないように歯の裏側で接着剤で固定をしてあります。患者様の協力もあり(この患者様もとてもよくブラッシングをしてくれます)初診時とは比べものにならないほど歯ぐきも、歯並びも改善し、大変喜んでいただきました。現在、術後5年経ちますが、3ヶ月毎に定期検診(メインテナンス)に来られ、お口の中は治療終了時の良い状態とまったく変わりません。



ケース3、歯周病治療に部分的な矯正治療と、ブリッジや義歯を作製して治療したケース

50代前半の女性の患者様です。虫歯と歯周病でお口の中がガタガタに崩れていました。奥歯は上・下・左・右ともほとんど残すことができなかったので前歯だけになってしまいました。来院されたときには既に奥歯の咬み合わせがなくなっていて、前歯だけで咬んでいるために、上下の歯が前方に突出し歯と歯の間に空隙ができています。上の前歯も2本欠損しています。







残すことができない歯は抜去し、歯周病の治療(ブラッシング、スケーリング、ルートプレーニング、歯周外科など)を徹底的に行った後、前歯に矯正治療を行い、歯と歯の間の隙間を詰めました。

その後、上の前歯にはブリッジを入れ、上・下の奥歯には取り外し式の部分入れ歯を作り治療を終了しました。口をあいたときに見える前歯はきれいになり、患者様に大変喜んでいただきました。





ケース4、ブリッジや義歯を併用したケース

50代の女性の患者様です。進行した重度の歯周病によって上の前歯と、左上、右下、左下の奥歯が抜けてしまいました。残っている歯も動揺(ゆれ)の強い歯が多く、歯肉にも強い炎症(腫れ)が見られ、すぐに出血してしまいます。上の前歯も4本抜けていますが、ここには見た目も適合も悪い取り外し式の入れ歯が入っていました。





初期治療(ブラッシング、スケーリング、ルートプレーニング)を残っている歯すべてに徹底して行い、歯肉の炎症はほとんどなくなりました。上下とも残った歯をまとめてブリッジにするため、仮の歯(プロビショナル・レストレーション)を装着してあります。初診時に比べ、見た目もかなり改善されました。



上下のプロビショナル・レストレーションを最終的なブリッジに作り変えて、奥歯に義歯を作りました。この患者様はかなり進行した重度の歯周病でしたが、手術をせず、歯科衛生士により根面の歯石を除去するルートプレーニングを行っただけで、歯周病を改善させることができました。





ケース5、全額にわたるブリッジが必要になった歯周病のケース

50代の女性の患者様です。下の前歯が動き始めたとのことで来院されました。上の前歯が2本欠損していて、ブリッジが入っていますが他の歯はすべて自分の歯です。しかしX線をとってみるとどの歯も重度の歯周病に罹患していました。私も最初は、場合によっては残せる歯は数本しかないのではと考えました。




初診時の検査の結果と治療計画です。プラークコントロール(ブラッシング)が良くないこと、歯肉からの出血がすべての歯でみられること、5〜10mmもある深い歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)が全歯にわたって存在することなどがわかりました。レントゲンからは骨がかなり破壊されていること、根の表面に歯石がたくさんついているのがわかります。


初診時の検査結果
DIAGNOSIS
成人性歯周病
WHICH ARE THE PATIENT'S PROBLEMS?
Subjective:
  ・歯肉の腫脹、歯周ポケットよりの排膿
・17,15,14,24,25,26,37,32,41,42 動揺U度
・27,31 動揺V度
Objective:
  ・重度の支持組織の損失
・根分岐部病変:16,26,36,37,46,47
・楔状骨欠損:14,24,31,36,37
WHICH TEETH
  HAVE TO BE EXTRACTED: 27,31
  ARE QUESTIONABLE:17,16,14,12,22,24,25,26,37,36,32,41,42,46,47
GOOAL OF THE THERAPY:
  ・歯周病の進行を止める
・機能的、審美的歯列の回復
BASIC THERAPY PLAN:
  ・モチベーション、口腔衛生指導
・スケーリング、ルートプレーニング
・抜歯 27
・15,14 24,25 43〜33 暫間固定
・再評価
PROGNOSIS:

初期治療(ブラッシング、スケーリング、ルートプレーニング)を全歯にわたり行いました。又、下の前歯は抜けそうな強い動揺があったので接着剤で歯と歯を固定しています。X線から歯石がきれいにとれているのがわかります。





初期治療後再度の検査を行いました。歯周ポケットはかなり改善しているのがわかりますが(数字が小さくなっている)まだ4〜6mmの歯周ポケットがあります。ここで治療計画をもう一度再検討し、奥歯の根っこが2本又は3本ある歯については歯周外科手術が必要だと判断しました。


再評価時の検査結果
GOOAL OF THE THERAPY:
  ・歯周病の進行を止める
・機能的、審美的歯列の回復
EVALUATION OF THE BASIC THERAPY
  ・歯肉の腫脹、歯周ポケットよりの排膿は改善
・臨床ポケットの深さは改善
・プラークコントロール不良 P l l 54%, B l 27%
・辺縁歯肉の発赤あり
REVISED GOAL OF THE THERAPY
 
CORRECTIVE THERAPY PLAN
  ・ 再度のモチベーション、口腔衛生指導
・ 抜歯    14? 22? 37
・ 歯周外科    17,16,24,26,36,46,47( 17,16,36,46,47 は根分岐部病変の処置)
・歯内療法  16,26 (分割抜去予定のため)
・テンポラリーブリッジ  13-23
・矯正治療   43-33
・ブリッジ    13-23(17−26クロスアーチブリッジ?)
PROGNOSIS:

歯周外科









2本の抜歯を含め、上・下・左・右の奥歯に歯周外科手術を行いました。
これらの手術はもちろん局所麻酔で行いますし、麻酔をすることにより痛みもありません。術後もひどく腫れることはありません。



矯正治療



上の歯については欠損しているところが何本かあり、全部を連結したブリッジを作ることに決定し、下の歯は全部残すことにしましたので、下の前歯の隙間を詰めるために部分的な矯正治療を行いました。





手術後の2回目の検査の時の口腔内の状態とX線です。上の歯はすべてにプロビショナルレストレーションをセットしてあります。



補綴治療



上の全ての歯にわたるブリッジを作るための各ステップの写真です。歯と冠の適合性や咬み合わせの関係などをできるだけ正確に作るための操作が必要となります。



治療終了





上の歯には全歯にわたるブリッジが入り、下の歯は左の一番奥の歯だけを抜歯しましたが、前歯も含め他は全て残りました。歯周病でなくなった骨は元にもどることはほとんどありませんが、残っている骨がち密になっている様子がX線からわかります。

GOOAL OF THE THERAPY:
  ・歯周病の進行を止める
・機能的、審美的歯列の回復
EVALUATION OF THE BASIC THERAPY
  ・ 患者の協力度、治療に対する意欲?
・ 歯周ポケットの改善
MAINTENANCE THERAPY PLAN
  ・歯周病 再発・進行を防止する
・根面カリエス予防
  リコール:
    再モチベーション、ブラッシング指導
    歯周組織検査、リスク部位(17,16,24,26,36,46,47)
    スケーリング・SRP
    PMTC
    フッ素塗布
  ホームケア: フッ素入りペーストの使用

治療終了時の検査の結果です。歯周ポケットは4mmの部分が多少みられますが、初診時と比較するとかなり良好に改善する事ができました。



メインテナンス





治療終了後、4年後の状態です。
歯周病が重度であったので治療が終了しても2ヶ月に1回は来院してもらい歯周病や虫歯のチェックを行っています。(メインテナンス)
しかし、治療終了後しばらくたって、安定したのか、ブラッシングがやや悪くなってくると、歯周ポケットが少し深くなったり、根の表面に虫歯ができたり、というトラブルが発生してきます。ブラッシングの指導をしたり、PMTC(歯科衛生士による歯のクリーニング)、フッ素を塗ったりして歯周病と虫歯の発生、進行を抑えるようにしています。



根面カリエス(根っこの表面にできた虫歯)
歯周病にかかった人は歯周病が治っても、歯を支えている骨(歯槽骨)は元のように回復しないので歯肉も下がったままになることが多く、そうすると歯の根っこが露出してしまいます。
この歯の根っこの表面は歯の頭の部分と比べると少し軟らかいのでプラークが付くと虫歯になりやすいのです。ですから良くブラッシングをしていただくことと定期検診の時にフッ素を塗るなどして対応します。

ケース6、メインテナンスにより長期間安定を維持されている歯周病の患者様(1)

現在72歳の男性の患者様です。平成5年から当院にてメインテナンスを続けていらっしゃいます。当院に来院する前は大学病院の歯周病科で歯周治療を受けたそうです。おそらく中等度の歯周病があったものと思われます。

定期的(4ヶ月に1回)なメインテナンスを継続していることで、10年以上安定した状態にあり、ほとんど歯肉・歯槽骨の状態に変化は見られません。










ケース7、メインテナンスにより長期間安定を維持されている歯周病の患者様(2)

初診時(平成6年2月)40代の女性の患者様です。左の前歯が動き始めて出血もするとのことで来院されました。

重度の歯周病でほとんど奥歯がなくなっている状態でした。残っている歯も歯肉の腫れや動揺がみられ、さわるとすぐに出血する状態でした。

初診時:検査の後、ブラッシング、スケーリング、ルートプレーニング等初期治療を行いました。





再評価時:歯周病はかなり改善し、歯肉の状態は良好になりましたが、まだ完全な治癒とはいえませんでした。


歯周外科手術:ほとんどの歯に対し、歯周外科手術(フラップオペレーション)を行いました。歯の周りの骨がクレーター状になくなっている所が何ヶ所もありました。



プロビショナル・レストレーション:歯周外科手術後、歯周病はほぼ改善され、残っている歯にブリッジを入れるために、まず仮の歯(プロビショナル・レストレーション)をセットしています。



最終補綴処置:プロビショナル・レストレーションを最終的なブリッジに置き換え、上下の奥歯には義歯をセットしました。





術後約8年:術後約8年経過時(平成16年9月)の口腔内写真とレントゲンです。歯の破折で左下の一番奥の歯を1本抜去しましたが、その他は特別な問題はありません。

歯周病も再発することなく安定しております。この患者様も3ヶ月に1回のメインテナンスに必ず来院されています。このように重度の歯周病も徹底した治療を行い、その後きちんとメインテナンスを受けていただくことにより長期間、治療終了時と同じ状態で過ごすことができます。





治療を受けた患者様の声

もしかしたら、皆さんの中で「歯周病なんて俺には関係ない」とか「本当にそんなに良くなるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、是非、当院で歯周病が改善した患者様の感想をご覧下さい。

61歳 女性
以前から歯を大切に考えていたつもりでも、歯の回りが腫れたり、膿が出たりの繰り返しでした。早乙女歯科医院での治療後は、口内がさっぱりし、口臭も気にならず、安心して食べ物が噛めるようになりました。早いうちに当院に出逢っていれば、自分の歯が1本でも多く残すことが出来たものと後悔しています。

又、今回は、徹底した根幹の治療など、自分に合った治療をして頂き、大変良かったと思いました。

今後は、現状を保って行けるよう、毎日の手入れを大切にして行きたいと思います。今後もよろしくお願いします。有難うございました。

55歳 女性
院長先生他スタッフの皆さまには、高度な技術で熱心に治療して頂きました。

治療方針も納得いく説明がなされ、長期間にわたり安心して受信する事ができました。

歯周病治療時には、オペの含め、徹底した歯石除去をして頂き、歯肉の奥に隠れている歯石の多さと同時に、除去することの大変さにも驚きました。おかげ様でスッキリした清潔な歯が甦り、大変気持ちよい思いをしております。

少し抵抗があったのが、上顎の義歯でした。しかしセットしてみますと、以外に違和感がなく、密着して自分の歯同様の感覚で使用でき、重宝しております。

また、インプラントは実に素晴らしいものだと思います。術前、不安はありましたが、現在、全く違和感はありませんし、完全に自分の歯になりきっています。

諸条件が許すなら、インプラントが自分の歯を取り戻す最善の方法だと確信しました。

あとは、日常の丁寧なブラッシングと定期検診で現在の状態を維持していきたいと考えています。

長い間、大変おせわになりました。

メール相談
お名前: ※必須
性別: 女性  男性
年齢:
メールアドレス: ※必須
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
構わない

※個人情報のお取り扱いについて

このページのトップへ

アクセス