栃木県 インプラント 栃木市 宇都宮市 小山市 下都賀郡 早乙女歯科 歯科 歯医者 佐野市 鹿沼市 インプラント 衛生士 求人 募集

栃木県 インプラント 栃木市 宇都宮市 小山市 下都賀郡 早乙女歯科 歯科 歯医者 佐野市 鹿沼市 インプラント 衛生士 求人 募集

栃木県栃木市都賀町家中2408 TEL:0282−27−3737
インプラント・審美・歯科衛生士の求人 募集・予防・入れ歯・小児

ブログ治療の流れ院内ツアー予防歯科小児歯科インプラントインプラント症例審美審美症例歯周病歯周病症例矯正自費料金
院長紹介スタッフ紹介当院の理念イベント臨床研修施設アクセス患者様の安全のためサイトマップメール相談
歯科衛生士・歯科技工士 求人歯科医師 求人

院長 早乙女 雅彦

臨床研修施設

協力型臨床研修施設
管理型臨床研修施設:日本歯科大学生命歯学部附属病院

患者様へ

「歯科医師臨床研修施設」について

当院は厚生労働省より指定された歯科医師臨床研修施設となっております。

日本歯科大学歯学部付属病院との提携により、同病院より派遣された臨床研修医が当院にて臨床研修を行っております。臨床研修医は、卒前研修として臨床実習を経験しており、卒業後本年度の歯科医師国家試験に合格した歯科医師であります。

患者様の診療において、直接治療を担当させていただくこともあろうかと存じますが、指導医の指導のもとに患者様にはご迷惑のかからないよう十分な配慮の上で研修を行っておりますのでご理解を賜りますようお願い致します。

研修医の先生方へ

当院の臨床研修におけるテーマ、研修目標:
「基本的な処置を理論通りに正確に行えるようにする」

卒業後の臨床研修医の先生方が今学ばなければならないことは、最先端の歯科医学ではなく、すでに確立されている、そして私達臨床医が毎日行っている基本的な処置が理論どおりに正確に行なうことができるようになることと考えています。
基本に忠実な治療について私達スタッフとともに学んでみませんか。

研修プログラムの特徴

1、基礎的な治療が基本通りに正確に行えるように訓練する。
2、地域医療を体験し一般開業医が地域住民とどのように関わっているかを知る。
3、医院経営等を視野に入れたスタッフミーティングへの参加。

4、歯科医学に関する広い視野を持っていただくため院内研修会の開催、院外研修会、講習会の案内



5、研修医の能力に応じたカリキュラム。

臨床をほとんど行っていない研修医には模型実習等から始め、その後臨床実習に移行。臨床を十分行ってきた研修医にはすぐに患者の配当をし、できるだけ多くの患者を診られるような配慮をいたします。

初期研修

研修医の先生方が勤務してすぐに以下のような研修をしていただきます。治療をするのに、またはアシスタントをするのに知らなければならない当院でのごく基本的な事項についてスタッフが説明をいたします。


<臨床研修医の初期研修内容>

1、器具の保管場所
2、デンタルX線10枚法の撮影の仕方
3、オルソパントモグラムの撮影方法(患者)
4、X線の現像の仕方
5、写真撮影時の準備・写真の撮り方
6、根治・根充の準備
7、ラバーダムの方法
8、手術器具の準備
9、 生体モニターのセッティング
10、補綴物の種類について患者様にコンサルテーションできるように
11、歯周治療の流れを理解
12、歯周病のモチベーション方法
13、歯周病検査の仕方
14、細菌・顕微鏡の使い方
15、スケーリング、SRP(去歯による実習)
16、シャープニング
17、唾液検査、予防について
18、PMTCの方法
19、治療計画書

1、基本習熟コース

(1)医療面接
行動目標:
 1.病歴聴取を的確に行う。
 2.病歴を正確に記録する。
 3.患者・家族に必要な情報を十分に提供する。

(2)総合診療計画
行動目標:
 1.適切で十分な医療情報を収集する。
   ・口腔・顎・顔面の写真撮影
   ・スタディモデル作製
 2.基本的な診療、検査を実践する
   ・X線検査
   ・う蝕検査
   ・歯周病検査
   ・フェイスボートランスファ
   ・咬合状態の診査
   ・ゴシックアーチ、チックバイト
 3.基本的な診察、検査の所見を判断する。
 4.得られた情報から診断する。
 5.口腔単位の治療計画を作成する。

(3)予防・治療基本技術
行動目標:
 1.基本的な予防法の手技を実施する。
 2.基本的な治療法の手技を実施する。
 3.医療記録を適切に作成する。
   ・カルテの適切な記載
   ・処方箋、各種指示書

(4)応急処置
行動目標:
 1.疼痛に対する基本的な治療を実践する。
   ・歯髄鎮静消炎療法 ・口腔内消炎処置(膿瘍切開)
 2.修復物、補綴物装置等の脱離を破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。

(5)高頻度治療
行動目標:
 1.う蝕の基本的な治療を実践する。
 2.歯髄疾患の基本的な治療を実践する
   ・ラバーダム防湿
   ・根管長測定
   ・抜髄
   ・根管拡大、形成
   ・感染根管処置
   ・根管充填
 3.歯周疾患の基本的な治療を実践する。
   ・歯周基本治療
   ・暫間固定
   ・歯周外科手術
   ・メインテナンス
 4.抜歯の基本的な処置を実践する。
   ・滅菌、消毒法
   ・普通抜歯
   ・手洗い法
   ・困難抜歯
 5.咬合、咀嚼障害の基本的な治療を実践する。
   ・歯台築造
   ・支台歯形成
   ・模型作製
   ・印象採得(歯肉圧排)、咬合採得
   ・暫間被覆冠の作製
   ・局部床義歯、総義歯

(6)医療管理、地域医療
行動目標:
 1.保険診療を実践する。
 2.チーム医療を実践する
 3.地域医療に参画する。
   ・小学校におけるう蝕予防説明会、ブラッシング指導への参加。

2、基本習得コース

(1)救急処置
行動目標:
 1.バイタルサインを観察し、異常を評価する。
   ・脈拍、血圧を正確に測定できる。
 2.服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。
 3.全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。

(2)医療安全、感染予防
行動目標:
 1.医療安全対策を説明する。
   ・医療安全管理体制について理解する。
 2.アクシデント、インシデントを説明する。

(3)経過評価管理
行動目標:  1.リコールシステムの重要性を説明する。
   ・医院リコールシステムを理解する。
   ・リコール患者のメインテナンス処置を行う。

(4)予防、治療技術
行動目標:
 1.専門的な分野の情報を収集する。
   ・文献データベース(MEDLINEなど)理解する。
 2.専門的な分野を体験する。
   ・小口腔外科手術のアシスタントを行う。
   ・インプラント治療を体験する。
   ・歯科用顕微鏡を使用した治療を体験する。
 3.POSに基づいた医療を説明する。
   ・POMRによる治療計画の作成。
   ・SOAPによる経過記録の記載、
 4.EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。

(5)医療管理
行動目標:
 1.歯科医療機関の経営管理を説明する。
   ・医院の経営方針、理念を理解する。

(6)地域医療
行動目標:
 1.地域歯科保健活動を説明する。
 2.歯科訪問診療を体験する。
   ・特養ホームにおける要介護者への診療を行う。
 3.医療連携を説明する。

研修方略:講義、臨床技能研修、臨床、ミーティング
評価:臨床技能研修観察記録

このページのトップへ

主な研修プログラム


このページのトップへ

研修プログラム 総合診療計画


医療情報の収集

口腔内写真の撮影方法

口腔内写真の撮影方法

基本的な診査、検査

各歯牙、歯周組織の検査

全顎デンタルX線検査
全顎デンタルX線検査

カリエスペリオチャート
カリエスペリオチャート

フェイスボートランスファ
フェイスボートランスファ

中心位咬合咬合採得と咬合器への模型付着 中心位咬合咬合採得と咬合器への模型付着
中心位咬合咬合採得と咬合器への模型付着

一口腔単位の治療計画作成

例えばこのような症例の場合どのように治療計画を立てるか?

このような症例の場合どのように治療計画を立てるか?

治療計画書

治療計画

治療計画

治療計画

総合治療計画の説明
総合治療計画の説明

歯周病治療の説明
歯周病治療の説明

検査結果説明・コンサルテーション
検査結果説明・コンサルテーション


診断用ワックスアップからプロビショナルレストレーションの作製
診断用ワックスアップからプロビショナルレストレーションの作製

このページのトップへ

予防・メインテナンスの流れ

酒田市日吉歯科診療所の熊谷崇先生のご指導によるメディカルトリートメントモデルの実践により予防を行っております。

初診時 口腔内写真 9枚
初診時 口腔内写真 9枚

初診時 全顎デンタルエックス線
初診時 全顎デンタルエックス線

唾液検査
唾液検査
唾液検査
唾液検査

初診時 プロービングチャート
初診時 プロービングチャート

初診時 う蝕レーダーチャート

初診時 歯周病レーダーチャート

このページのトップへ

予防・メインテナンスの流れ

ラバーダムと根管長測定

ラバーダムと根管長測定

ラバーダムと根管長測定 ラバーダムと根管長測定

マイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープを用いた治療 マイクロスコープによる根管確認
マイクロスコープによる根管確認 上顎大臼歯(第4根管の明示)

このページのトップへ

歯周疾患の基本的な治療

歯周病治療のページをご参照下さい。

このページのトップへ

咬合・咀嚼障害の基本的な治療

前歯クラウン作製(1本の補綴)


歯冠延長手術
歯冠延長手術


メタルコアセット・形成
メタルコアセット・形成



歯肉圧排
歯肉圧排

印象採得
印象採得


メタルボンドセット
メタルボンドセット


ブリッジによる補綴

ブリッジによる補綴
支台形成、歯肉圧排、印象採得、咬合採得、メタル試適、ロー着index採取、完成セット

局部床義歯

局部床義歯
サベイヤーを使用しての局部床義歯の設計、印象、咬合採得など

このページのトップへ

予防、治療技術 専門的な分野を体験する

小口腔外科手術(歯根端切除術)

小口腔外科手術(歯根端切除術)

下顎埋伏智歯の抜歯

下顎埋伏智歯の抜歯

インプラント

インプラント治療のページをご参照ください。

専門的な分野の情報収集〜文献データベースを理解する

Pub Medおよび医学中央雑誌にすぐアクセスできます

Pub Med

このページのトップへ

地域医療に参画する

小学校におけるブラッシング指導

小学校におけるブラッシング指導 毎月1回校医をしている小学校にてブラッシング指導を行っております。
小学校におけるブラッシング指導 歯科衛生士とともに研修医の先生にもブラッシング指導をしていただきます。

このページのトップへ

研修医感想文

川邉 滋次 川邉 滋次
研修期間 平成20年8月1日〜平成20年11月30日

私はこの4か月とても貴重で充実した時間を過ごすことができました。それまでの私は予防には非常に興味を持っていたものの、実際歯科診療所ではそのように予防を取り入れているのだろう?と、ほとんどイメージがつかない状態でした。ましてや、私はライセンスを取得してから一年も経っていない臨床研修医・・ 歯科診療所はとても忙しいと前々から耳にしていたので、全く相手にされず自分の手を動かす機会すらないのでは、ととても不安でした。

しかし、早乙女歯科医院は私の不安とは違い、何度も診療の機会を与えて下さったり、予防についてもMTM(メデシカルトリートメントモデル)を通して学ぶことができました。スタッフ方もとても優しく私に接してくださり、とても楽しい時間を過ごしました。院長先生はとても忙しい中でも、私の研修生活を毎日気にして下さり、時間を取って私と話し合いをしたり、テクニックを教えて下さいました。インプラント手術のたびに何度もアシストをさせていただき、間近で手術を見られたことがとても感動しました。本当にあっという間であったと素直に感じた4か月。私は早乙女歯科で研修生活を送れたことをとても誇りに思います。

千葉家昌 千葉家昌
研修期間 平成18年12月〜平成19年3月
現在:日本歯科大学 大学院生

私は昨年12月から今年の3月までの間早乙女歯科医院で研修させていただいた千葉です。

早乙女歯科医院では、歯科医療とはどうあるべきなのか、どのように勉強していったらいいのか、衛生士・スタッフの業務、あり方など、これから歯科医師として社会に出る上で大切なことをたくさん学ばせていただきました。

院長先生始め、上江洲先生・中村先生にはしっかりとした、そして質の高い歯科治療とはどういったものなのか、またそれに対する考え方など、診療を通して教えていただきました。

それと同時に先生方、スタッフの方たちが患者様のために医院をよりいっそういいものにしていこうと努力されていることやその姿勢は自分にとってとてもいい刺激になりました。また、地域の方々を対象としたクリスマス会や、小学校でのブラッシング指導、訪問歯科診療など、院長先生のご配慮により参加させていただき、とても貴重な経験をたくさんさせていただきました。

歯科診療の技術も、人間的にもまだまだ未熟な私で、先生方やスタッフの方たちには、ご迷惑をお掛けしたと思います。

そんな私でも、時には厳しく、時には温かく指導していただいたことはこれからの歯科診療に携わっていく上で、大きな糧になると確信しております。

今は大学院にて免停中ですが、臨床に出た時に、早乙女歯科医院での経験を活かして、患者様の一番となれる歯科医師を目指していきたいと思います。

廣木愛実 廣木愛実
研修期間平成18年4月〜平成18年7月
現在:東京歯科大学 大学院生

私は早乙女歯科医院で4ヶ月間の研修を行わせて頂きました。

4月からの4ヶ月間で大学病院の総合診療科での研修を経た後、開業医の先生の指導の下、診療に携わりたいと思い地元である栃木県の早乙女歯科医院での研修を希望しました。

臨床研修必修化の初年度に研修を行うことになり、院外研修もマッチングにより決定するため、早乙女歯科医院で研修を行えるということになり嬉しく思いました。

研修開始後、まず医院の理念についてお話をうかがい、その考えに感動しました。

そして治療の流れ(ホームページ上に載っています)を学び、最初は院長先生や勤務医の先生方の診療補助から始め、徐々に診療を行うようになりました。それまでには、マネキンや模型、天然歯を用いて実習を行い、院長先生にチェックをしてアドバイスをしていただいたので自信を持って診療に臨むことができました。

また、スタッフを交えた勉強会や、外部の先生をお招きして講習会(インプラントや補綴など)も充実しており、とても勉強になりました。医院をよりよくするための試みがたくさんあり、そういうものをどんどん取り入れる心構えに感動し、私もその一貫としてよりよい歯科医院にしたいと思いました。季節ごとのイベント(ハロウィンやクリスマスなど)の企画もとても楽しい思い出です。

近隣の小学校の1クラスを対象としたブラッシング指導を最終日に行ったのですが、緊張はしたものの人前で話すことのなかった私にとってはとても貴重な経験となりました。

スタッフの方々もとても親切にしてくださいました。医院の全員でバーベキューをしたのもとても良い思い出です。ホームページ上のブログも定期的に文を考えて掲載して頂きました。あっという間の4ヶ月間でしたが、今後の歯科医師としての人生の礎となる経験をさせていただいたことに心から感謝しています。

本当にありがとうございました。

遊佐耕一郎 遊佐耕一郎
研修期間 平成17年11月〜平成18年2月
現在:東京医科歯科大学 大学院生

2005年度の後期に臨床研修医として、早乙女歯科医院で研修を行いました遊佐です。

私は大学を卒業するまで、快適な実家暮らしをしていたので、家を出て新しい環境で研修を行っていけるか不安でした。

しかしながら、スタッフの方々の明るさ、早乙女歯科医院の一体感の中で、安心して研修ができました。

早乙女先生は基本を大切にして妥協を許さずに治療にあたっています。

基本の技術を高め、より良い医療を患者さんに提供するという姿勢は、自分の中の理想の歯科医師像に大きな影響を与えられました。そして研修医1年目であることを考慮したプログラムの中で、初診からメインテナンスまでの流れの中にある早乙女先生のこだわりの数々は非常に勉強になり、ステップを一歩一歩進んで成長できたかと思います。

一番思い出にあるのは、小学校でのブラッシング指導・保護者の方への歯科指導に同行し、4ヶ月目に、大勢の子供達の前で教える機会を頂いたことです。色々な性格の子供に1度に教えなければいけなく、汗だくになりながらもやり終え、子供たちに教える事よりも子供たちに教えられた事の方が多かったですが、大変いい経験を得ることができました。

1年目は誰にでもありますが、1度きりです。その中の4ヶ月間という短い間ですが、早乙女歯科医院で研修を受けたことは、これからの歯科医師人生の大きな財産です。

三宅由紘 三宅由紘
研修期間 平成17年7月〜平成17年10月
現在:練馬さくら歯科 勤務

こんにちは。私は平成17年7月から10月まで研修させていただきました。

早いものでもう1年半経ちますが、つい最近の事のように思い出されます。

研修先にここを選んだのは、部活の先輩の中村先生より話を聞いており、自分もここでやってみよう!と思ったからです。で、第一印象は「田舎だなぁ・・・」

自分も田舎育ちですが車がないと移動するにも一苦労といった感じでした。

でも中村先生と上江洲先生にはよくごはんに連れて行っていただきありがとうございます。

さて、研修はといいますと、細かなカリキュラムが組んであり、模型実習、口腔内写真の撮り方、印象材・石膏の正しい練り方など、こと細かに教えて頂きました。

診療にいたっては、大学病院や他では見たことの無い徹底ぶりでした。

衛生士と連携した歯周治療、無菌的な根管治療、マイクロスコープを使って根管内を覗いたときには驚きでした。

レントゲンや歯の削り方一つとっても印象に残るものでした。できあがった技工物の仕上がりをマイクロスコープで見て精度を確認したのも記憶に新しいです。

毎週行われたDrの勉強会では夜遅くまで眠い目をこすりながら勉強しました。遅くなった時は奥様にご飯をご馳走になり、ありがとうございました。そんな日は真っ暗な田んぼの道をカエルの鳴き声を聞きながら帰ったのを思い出します。

最後に個々で学んだことは一生の経験になりました。厳しい4ヶ月間でしたがそれくらい濃い研修になりました。近い目標としては一つ先輩の中村先生・上江洲先生のように診療できるようになること、常に持っている目標は院長のように最高の治療をすることです。

院長を始めスタッフの皆様、常に笑顔で接していただきありがとうございました。また遊びに行きまーーす!

中村雅英 中村雅英
研修期間 平成16年11月〜平成17年2月
現在:早乙女歯科医院 勤務

今では早乙女歯科医院で勤務医をさせていただいている私も駆け出しの頃は研修医としてお世話になりました。

歯科医師免許を取得したばかりの私はどのような歯科医師になりたいか、どのような道を選ぶことがよいのか非常に悩みました。

歯科医師として初めの3年間というのはその人の方向性を決める非常に大切な時期であるといわれています。

ところが自分でどうしたらよいのかわからず、中途半端に就職先を決めてしまったら後悔してしまうという思いから大学に残って研修医という道を選びました。またここで、一つの選択に迫られました。

“院外研修”
自分のときは4ヶ月間という期間でしたが、どこで院外研修をするのかというのは研修医にとって大きな問題だと思います。

数ある歯科医院の説明を聞きながら、この歯科医院に行きたいなぁと感じた歯科医院はいくつかありました。説明会での各医院のプレゼンテーションを1つとってみてもその医院が研修医をどのように思っているか伝わってきます。その中でもきっちりとプレゼンテーションをしていたのが早乙女歯科医院でした。やはり歯科医師になりたての頃はインプラントや矯正といった治療ではなく「基本的な治療」を身につけることが第一だと思っていました。

知識と技術に飢えていた私は場所や給料は関係なく自分のためになる歯科医院を求めていました。説明会の時に院長が最後に残していった言葉

「周りにはなんにもないから4ヶ月間勉強するつもりで来てください」

この言葉が妙にひっかかった自分は早乙女歯科医院第一希望で行きました。これは今思うとかなり無謀だったかもしれません。

栃木というまったく見知らぬ土地で歯科医院人生のスタートを切るわけですから。行くまでは不安だらけでした。「なぜ栃木?」と周りにも反対されました。しかしこの早乙女歯科医院に来てその不安は一掃されました。CR、インレー形成、根管治療から始まり、院長にチェックしていただき、クラウン・ブリッジまで4ヶ月で修得することができました。基本の積み重ねが精度の高さにつながり、入念な診査・診断、そしてきめ細やかな準備をするということを常に院長に言われていますが自分はまだまだ至らぬ点もあり、注意されることが多々あります。しかし院長の診療をみていると本当に大切なことなんだなぁといつも肝に銘じています。

臨床研修の4ヶ月間は歯科医師人生の中で貴重な経験になったことはいうまでもありません。私はこの4ヶ月間の後も臨床研修の続きをしていますが、やはりあの研修医という1年間がいかに大事であったかということを今でも痛感している毎日です。

阿部英二
研修期間 平成15年10月〜平成16年2月
現在:日本歯科大学附属病院 勤務

私は日本歯科大学で2003年度、歯科医師臨床研修(研修医)を受け、院外研修として10月から5ヶ月間、早乙女歯科医院で研修させていただきました。自分が研修を行っていた時は研修制度もまだ必修化される前でカリキュラム等も現在ほど厳密ではなく、比較的のんびり研修させていただいたと思います。

早乙女先生にお会いした時は非常に真面目に診療に取り組むその姿勢は研修期間を通してとても勉強になり、現在でも当時のことを時々思い出し診療したりします。

卒業したての自分を周りの従業員の方々があたたかく迎えて、気を使ってくれたり診療を補助していただいて非常に感謝しています。

早乙女歯科医院は地域の歯科医療の中核を担っており、近くの学校医であり、う蝕経験値数値の高い地域ながら、早乙女先生はその状況を改善させようと躍進する姿勢は参考になると思います。また、日頃の先生の人格、診療の成果で近所だけでなく、はるか遠方より先生の診療を受けるために来院される患者様がたくさんおり、早乙女歯科医院は非常に盛況な感じがします。具体的に自分の経験を述べさせて頂きますと、まず研修は見学から始まり、模型による実習、諸先生方への診療補助、簡単な修復処置、歯周基本治療、通常の抜歯、欠損補綴と早乙女先生が判断し、習熟度に応じて研修内容は変化していきました。自分は多方面に興味があり、治療には特に限定された考えは無かったので早乙女先生の幅の広くて奥深いご指導には本当に感謝しております。診療に不安のある方、もしくはやる気のある方はぜひ早乙女歯科医院での研修をおすすめいたします。

松永雅実 松永雅実
研修期間 平成12年11月〜平成13年2月
現在:野菊野デンタルクリニック 勤務

私が歯科医師となり臨床という場での最初の重要なスタートとして、早乙女歯科医院を選んだ理由は2つあります。

まず1つは単純に医院と私の実家が同じ栃木県であったということ。にもかかわらず、医院で用意していただいていた医院近くのアパートから通っていましたが。(独りでは広すぎました。)

もう1つは大学の諸先輩方からの早乙女歯科医院の様々な評判や、口腔外科のプロフェッショナルであるという経歴を知ったことでした。

私の時代はたったの4ヶ月という短い期間の院外研修でしたが・・・されど4ヶ月。

短いようで長い、今までの歯科医師としての7年間の中でも最も様々な事を柔軟に吸収し、勉強し、ためになった4ヶ月であったと思います。

4ヶ月が終わり、大学病院に戻り、臨床研修が終わった後も、都内に住みながらも早乙女歯科医院を忘れられず、もっともっと勉強したいと思い、車で百何十kmの道程、金・土曜日の週2日、非常勤で栃木まで通っていたことを思い出します。

かなりしつこく居ついていたのですが・・・結婚・妊娠という事もあり、残念ながらとうとうあきらめ、辞めざるを得なくなりました。しかしその後も、院長の影響でインプラントや外科に興味を持ち、日本歯科先端技術研究所というところのインプラントの1年間の研修コースや、ペリオ等の勉強会などを受講したりと、何かと研修医時代の“初めの1歩”は長い歯科医師としての人生の中で行き続けてゆくものだなぁとしみじみ感じています。

今現在も、早乙女歯科医院での何年間かは私の宝であり、誇りであり自信であります。“終わり良ければ全て良し”と言いますが、私達の特殊な職業は“初め良ければ全て良し”ではないかと思います。ただひとつ後悔している事・・・結婚を遅めてでも(笑)もう少し、もうあと何年間かでも、妥協を許さぬ院長や素敵で楽しく愉快なスタッフの皆さんのもとで勉強できていたらなぁ・・・と思ってしまう私です。

現在はもうすぐ3人の母となりますが、不得意な育児・家事から逃げつつ、毎日楽しく“初心を忘れず”仕事へと励んでおります。

佐々木雄一 佐々木雄一
研修期間 平成12年7月〜平成12年10月
現在:佐々木歯科医院 院長

私は卒業当時、口腔外科に興味がありました。

そこで私は院内では口腔外科と麻酔科を、院外は早乙女歯科を選択しました。

早乙女先生は口腔外科出身であり素晴らしい技術をお持ちだと諸先輩先生方から伺っていたので、私は迷わず希望しました。

早乙女歯科医院での4ヶ月は、日常の診療を通して臨床知識の吸収、技術の修練、そして自分の知識・技術の未熟さを思い知る毎日でした。

見学アシストのほか、数人の患者様を担当させて頂き、外科はもちろん問診の進め方から、口腔内写真の撮影法、各種形成法、咬合理論、ペリオ、エンド、義歯、矯正にいたるまで臨床における全てを広く学ぶことが出来ました。

その中でも早乙女先生によるインプラントのOpe、多数歯のBri、Fop、全身疾患を持つ患者の治療等、一般の歯科医院ではあまり見ることの出来ない症例を数多く見学できたことは幸いでした。

そして、技術的な面だけでなく早乙女先生の治療に対する妥協の無い姿勢、『継続は力なり』の精神は、今の私の診療の上での大きな柱となっています。

卒後3年が大切だといわれています。おそらく、その期間どのような環境に身を置くかで自分の診療レベルがある程度定まるからだと思います。

私は4ヶ月間という短い期間でしたが(できればもっと長くお願いしたかったのですが・・・・・・)早乙女歯科医院で研修を受けることができて本当に良かったと思っています。

そして、一日一回は必ずヘコむという弱い私が頑張れたのは、勤務医でいらした吉浜先生ならびにスタッフの皆様のおかげです。そして出来の悪い研修医を辛抱強く指導してくださいました早乙女先生、本当にありがとうございました。研修終了時にご馳走していただいた幻の銘酒‘十四代’の味は忘れられません。

このページのトップへ

アクセス