インプラント治療 イラスト

2018年8月3日 インプラント ブリッジ 義歯  治療方法の比較

インプラント ブリッジ 義歯  治療方法の比較

病気や事故で大切な歯を失ってしまったり、生まれつき歯が足りないときなど、欠損している

ところに歯を補う方法としてインプラント以外にブリッジと入れ歯があります。

それぞれの治療方法のメリット、デメリットについてお話していきます。

 

インプラント イラスト

 

インプラントは、すべての患者さんに適用できる治療方法ではありません。

インプラント治療を成功させるには、全身の健康状態、口腔内の衛生状態がよく、充分な骨の質と量が必要です。

インプラント治療が適しているかを判断できるのは、歯科医師です。

また、より良い治療結果を実現し、インプラントを長く保つためには、歯科医師による綿密な治療計画が必要不可欠です。
事前に費用や術後のメンテナンスなどの説明を受けて、よく理解した上でインプラント治療を開始することをお勧めします。

 

歯を一本失った場合

ブリッジ イラスト

ブリッジ治療

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

メリット
・短い治療期間となります。

 

ブリッジ イラストデメリット
・両隣の健康な歯を削る必要があります。
・削られた歯への負担が増加します。
・歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

 

 

インプラント治療 イラスト

 

インプラント治療

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。
・簡単な手術が必要です。

 

 

歯を一本失った場合

ブリッジ治療 イラスト

ブリッジ治療

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

メリット
・短い治療期間となります。

 

ブリッジ治療 イラストデメリット
・両隣の健康な歯を削る必要があります。
・削られた歯への負担が増加します。
・歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

 

 

インプラント治療 イラスト

 

インプラント治療

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。
・簡単な手術が必要です。

 

歯を複数本失った場合

部分入れ歯 イラスト

部分入れ歯

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

メリット
・短い治療期間となります。               

 

部分入れ歯 イラスト デメリット
・バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
・バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
・違和感を感じることがあります。
・歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

 

インプラント治療 イラスト

インプラント治療

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。
・比較的簡単な手術が必要です。

 

歯を全て失った場合

総入れ歯 イラスト

総入れ歯

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

総入れ歯 イラスト

メリット
・短い治療期間となります。

 デメリット
・入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
・硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
・味覚に影響する場合があります
・入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。
・あご全体の骨がやせることがあります。

 

 

インプラントを用いた入れ歯

インプラントを用いた入れ歯

安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。

 

治療を受けた方の感想

53歳 女性 栃木市在住

先天的なものもあったと思いますが、私は歯医者嫌いと無知、インプラント

甘いもの好きにより年々自分の歯が少なくなり、ついにはブリッジが壊れ部分入れ歯となり、

そのストレスから夕方になると顎の疲れや頭痛に悩まされ続けました。

そのギリギリのところでインプラントのことを知りました。

しかし手術に対する恐怖や金銭面のこともあり、かなり逡巡したのですが

この最悪の状態から脱したいとの思いは強かったのです。

そして1年余りついに3個のインプラントが完成、その他の歯もすべて治療した現在

”やってよかった”の一言に尽きます。

痛みに対しては麻酔があり、結果を考えると金銭的にも納得。

私のような超神経質でメンタル面の臆病な人間でもインプラントが出来ましたことは

何より主治医の納得のいく説明と私を理解し対応してくれた優しさにあります。

あたたかいスタッフの皆様、安らぎの音楽、みーんなありがとうございました!!

30歳 男性 真岡市在住

私は完治までに2~3年かかると言われ、正直治療が続けられるか不安でした。今まで長続きしなかったので・・・。

しかも口の中に少しでも異物感があると嘔吐反応が出てしまう体質で治療が困難を極めるのではと思いましたが、担当をしていただいた早乙女院長先生が少しでも反応が出ると

「大丈夫ですか?」と私のコンディションに合わせながら治療していただきました。長年むし歯を放置していたので治療する本数も多くて大変なはずなのですが、一本一本妥協せず丁寧に治療していただきました。

抜歯した時も痛みも少なくその日の夜に「痛みはないですか?」とスタッフの方から電話をいただき安心できました。他の医院ではこんな気配りを受けた事がなかったので感動を覚えました。

手術も何度か受けましたが、個室で設備も整っていて清潔で周りも気にならないので気分的に落ち着いて治療を受ける事が出来ました。色んな治療を受け技術の高さを身をもって体験出来ました。

先生方、スタッフの皆様には心より感謝しております。完治までの2年4カ月いつも励ましていただき細やかな気配り、治療最終日に花束までいただきありがとうございました。早乙女歯科医院に出会えて心から良かったと思いました。

これからもよろしくお願いします。

62歳 女性 栃木市在住

本心はインプラントに半信半疑でしたが、インプラントの仮歯が入った時はなんて画期的な物が出来たのかと思ったら本歯はもっと良いすばらしい感激でした。今は生まれた時からもっていた歯の様です。

私のお気入、初対面、なれ合いになっても年齢・職業・地位等の身分制度を聞かない所が良く、相手を思いやる心、人を肩書きだけで判断しない接客、全スタッフが差別なく気持ちよいあいさつをいつも長きに渡りしてくれたこと。

 

821サロン

2018年7月20日 7月19日(木)に821サロンを行いました!!

7月19日 () 0~2歳の821サロンを行いました。

今回は、0歳1ヶ月から1歳の2組のお子様とお母様が参加して下さいました。

衛生士から虫歯菌の移る時期、歯みがきのポイント、よく噛むことの重要性などをお話をさせて頂きました。

どのお母様もお子様の仕上げ磨きで苦労されているようで、仕上げ磨きのポイントなど真剣に聞いて下さっていました。

毎日のことなので、心配になってしまいますよね。

 

821サロン

 

後半は、保育士とふれあい遊びを行いました。大好きなお母様にたくさん身体を触ってもらい、お子様もとても嬉しそうにされていました。普段のお子様とお母様の仲の良さが伝わり、こちらまでほっこりしました。

821サロンでは、参加されるお子様に合わせて様々なお話を衛生士よりさせて頂いております。

皆様のご参加お待ちしております。

ぜひ、気軽にお越し下さい☆

次回は、8月23日 () に予定しております(^o^)

※写真は全て保護者の許可を得て撮影、掲載しています。

821クラブ

2018年7月7日 7月の821クラブは・・・

7月の821クラブは、親子で楽しむ手遊びです。
夏野菜の定番と言ったら、「きゅうり」ですよね。
『♪きゅうりができた♪』の手遊びを親子で楽しみながら行います。
手遊びを始めると、いろいろなところで親子の楽しそうな笑い声が飛び交っていたりと、とても和やかな雰囲気で行っています。
おうちでの歯みがきや仕上げみがきの時、お子様は嫌がらずにできていますか?
中には嫌がって暴れてしまったり、口元にかなり力が入ってしまうお子様も多いのではないでしょうか?
口元をいきなり触れると大人でも身構えてしまいますよね。

821クラブ

普段からお子様とたくさんスキンシップをとられてると思いますが、特に歯みがき前は身体に触れるだけでなく お顔周りや口元をたくさん触ってあげると仕上げみがきもスムーズにしやすくなります。
また、大好きなご家族にたくさん触ってもらうことで愛情が注入され 情緒の安定にもつながります。
歯みがき前に楽しく手遊びをすることで、お子様が抵抗なく仕上げみがきできるよう 少しでもお役に立てればと思います。
来月は、絵本の読み聞かせを行う予定です。お楽しみに(*´∀`)♪
☆821クラブでは、平日の午前中、各個人の診療前に保育士と一緒に歯科に関する活動を行い、歯科衛生士とブラッシング練習をします。親子で一緒に楽しみながら健康な口腔育成の知識を深めましょう。

※写真は全て保護者の許可を得て撮影、掲載しています。

セレック治療で繰り返しが終わるわけ

2018年6月26日 金属よりセラミックの方が良い?

前回はセラミックが歯に優しい材料である事、歯が破折しにくくなる事についてブログで解説させていただきましたが、今回は虫歯の予防に銀歯よりもセラミックが優れている点についてお話しさせていただきます。

 

虫歯を削った後に金属の詰め物や被せ物を歯に装着する場合、歯と詰め物の間にセメントを流し込んで装着をしますが、これは歯と金属が接着しているわけではありません。

細かい凹凸にセメントを流し込んで固めて外れないように合着させている状態になります。

 

このセメントは、咬む力が繰り返し加わることで砕けたり、唾液で溶けだしたり、また食事によって熱い物や冷たいが口の中に入る事で起きる金属の膨張・収縮によって剥がれたりと様々な理由で崩壊していきます。

崩壊してできた歯と詰め物の隙間に唾液や細菌は容易に侵入し、私たちの気付かないうちに徐々に詰め物の下で虫歯を作ってしまったり、ある日突然外れることになってしまいます。

再び虫歯になってしまうと、前よりも大きく歯を削り治療をしないといけない為、どんどん自分の歯がなくなっていってしまいますし、金属の詰め物を再度いれるということは、また同じリスクを負うことになってしまいます。

 

セラミックの詰め物や被せ物を装着する場合、金属の合着とは違い歯と詰め物がしっかりくっついている接着という状態で歯と一体化させることが可能です。一体化しているため、セメントが溶け出すことはありませんし、硬さも歯に近く、熱による膨張・収縮の量も歯に近くなっているおかげで剥がれることもほぼありません。

このため、隙間ができず、虫歯になりにくい材料だといえます。

 

歯の治療に使う材料によって虫歯のリスクが変わってしまう事は以上のことからご理解いただけたでしょうか?

歯の健康寿命を延ばすためにセラミック治療は非常に有効であると様々な論文から分かってきています。そのため、当院ではセラミックの治療を推進しています。

セラミックの治療をしたいという方、詳しく話を聞いてみたい方、些細な疑問でも結構ですので気になる事があればいつでも気軽にスタッフにご相談ください。

821サロン

2018年6月25日 6月21日(木)0〜2歳の821サロンを行いました。

6月21日(木)0〜2歳の821サロンを行いました。

 

今回は、お子様もお母様も当院のメインテナンスに通われている4組の方が参加してくださいました。

 

日頃からメインテナンスの時にもむし歯予防のお話はしていますが、改めてサロンに参加していただき、復習も兼ねじっくり聴いていただきました。

 

821サロン

 

後半は、保育士とのふれあい遊び。お子様の体を触りながら行う手遊びをしました。大好きなお母様に体を触ってもらって、お子様のかわいい笑顔が溢れたひとときとなりました( ´∀`)

 

821サロンは、当院に通われていない方も大歓迎です。

 

次回は、7月19日(木)です。

 

※写真は全て保護者の許可を得て撮影、掲載しています。


Top

Copyright©2017 Saotome Dental Clinic All rights reserved